聴いている音楽の断片集めて何やら文章を的な記事1

 垂らした前髪あげてワックスで固めてみたりとか、鏡やカメラに向き合うとか、敬語をお勉強するとか、そんな機会が生活の中に増えた。と同時にこれまで漠然と存在していた不安が、言語化できるレベルに解像度を増して目の前に迫ってきているように思う。ま、そんな日々でも不安そっちのけでのらりくらりしていたいから、今日もスタバきてよく分からんコーヒーを勧められるがまま購入し、音楽聴いているわけなんですけど、今のテンションで自分がどんな音楽に心動かされるのか記録として残しておこうと思う。

 

f:id:rarukazu:20210223134833j:plainAs the Love Continues / Mogwai

 この記事書き始めた時聴いていたのがこれ。Mogwai大先生の新譜。インスト中心のポストロック・インディーロック的オルタナ。基本的にどの曲でもシューゲに接近する超ノイジーなギターとキーボードが哀愁溢れる叙情を奏でていますが、おそらくハードコアに由来するドラムが楽曲の風通しを良くしているような印象。「Dry Fantasy」とか言いつつ、かなりwetな感情に塗れていますね。一人カフェで聴くと心地よいナルシシズムに溺れていけます。彼らの過去作品には触れたことがないので、今作がどういう位置づけなのか(聴きやすい方のアルバムなのかとか)良く分かりませんが、どの曲も主旋律が割とハッキリとしているので、私みたいな初心者にも優しい。それにしてもコーヒーは美味いし、隣の受験生は頑張っている。

 

f:id:rarukazu:20210223140033j:plainいいんじゃない/PSG

これはアルバムじゃなくて曲ですね。昨日ですね、聴いたのは。美容室に行く予定があって吉祥寺へお出かけ。随分予約した時間まで余裕があったから、ゆっくり歩いていたのですが、どこで間違ったか、進んでも進んでも目的の美容室が現れない。結局通りを一本間違えており、着いたのは時間ギリギリ。吉祥寺、というか東京の街々、建物の密集しすぎでどの通りも同じに見えるんだよな。何度も通った道なのに、shit!な俺とか心の中で自分に悪態をついて、BADに入っていたらアイフォンが気を利かして流してくれた曲がこれなのである。アイフォン、出来るやつだ。こんな感じでもいいんじゃない、とか気分良く入店した。美容師さんとの会話が盛り上がったのも、この精神のお陰、だったり。それと美容師さん、いつもありがとう。中村倫也に会えるといいですね。

 

f:id:rarukazu:20210223143409j:plain

GOLD・勿忘/Awesome city club

 オーサムについては何年か前のビバラで観ていて、毒にも薬にもならねえポップスや、とか思っていたんですが、知らない間に人気者になっておられて。この間観た「花束みたいな恋をした」で青髪の彼女が登場していたり、楽曲が使用されたりと盛り沢山にフィーチャーされているのを観て、この度改めて聴いてみているわけです。arcade fire風味な牧歌的なメロが素敵な「GOLD」に心惹かれました。彼らの「クセのなさ」が良い風に表れた曲かと思います。一方で彼らの弱点に個人的に思うのもこの「クセのなさ」で、正直彼らの最も個性的な部分てボーカルの彼女の青髪なのでは、と思ってしまう。まあ、「クセのなさ」ってのはマスにアプローチする際には結構重要で、結果彼らの楽曲は現在幅広く支持されているのかと思いますし、ポップスとしてある意味正しい姿なのかもしれない。

 それにしてもいいメロディ書きますよね勿忘、とか電車で聴いてたら色々昔のこと思い出して泣きそうでしたもん。髭男などポップに振り切れたバンドや音楽的潮流を正確に察知しているであろう計算高さは感じられますが(穿ちすぎですね、すみません)、なんにせよいい曲だ。程よくお洒落で、都会的で、俺の今住む東京とかいう街のロケーションに良く合うなあ。

 

 さて、恒例の自意識過剰自分語りタイムです。街には色んな大学生がいて、色んな生活をそれぞれ送っているわけですが、その多様な生活の素敵な一瞬が一つの作品に「」と、パッケージングされてそれに思わず自分が感動したとします。普段はこんなクソみたいな大学生活とか思っていても、そういう作品に触れた時、ああ、十分に俺も大学生だったんだなって肯定的な気持ちになる。ある作品に自分の生活を重ねられる、というのはある作品の射程する「生活の中の素敵な一瞬」に俺の生活が含まれているということで、俺の生活も例外なく大学生の生活だったんだな、となるわけです。個性やクセのあるニッチな作品も好きですが、こういう「」にパッケージングする大衆作品というのも、自分の生活の不甲斐なさを受容できない人にとって、くそみたいな自分の生活を、例え雑な同一視と言われても、多くの人の生活と大差ないのだという形で肯定させてくれる点で意味を持ち、作品の好みとか置いといてこういう気持ちにさせてくれる大衆作品が俺は好きです。

 「勿忘」にせよ、「花束みたいな恋をした」にせよ、俺にとっちゃそんな作品であるのでござる。さて、今日も敢えて終電逃しでもするか。

 

 

 

 

 

トロイメライ / Plastic tree

 


f:id:rarukazu:20210113142918j:plain


2002年作。遊園地なのに陰鬱な影のかかるジャケットがとても象徴的ですね。幸福の象徴のような場所、人が人らしく笑い合う場所に自分もいるはずなのに、視界に靄がかかり前がよく見えないし、気分も晴れない。だんだん周囲の声が遠くなり、、「不安定 不安定 考えるのも嫌だ」(「理科室」より)。一人の世界に閉じこもる僕は自閉気味。そんな音世界が繰り広げられる名盤。

ボーカル有村竜太朗のパフォーマンスを見ていると、ステージ上にいるはずなのに心ここにあらずな印象を受けるときがあります。彼が何を見ているのか、目で追い、考えていくうちに、気づくと彼の幻想世界の中に入り込んで出られなくなってしまっている。plastic treeは彼の文学的素養を活かした卓一した歌詞、不安定な歌唱、シューゲイズされた轟音、全ての要素が密接に絡み合って私たちを夢幻の世界へ招待してくれるようなバンドだと私は感じています。

 f:id:rarukazu:20210113143134j:plainf:id:rarukazu:20210113143301j:plain

本作ではcoaltar of the deepersnarasakiさんの手が加わり、前作までと比べて、ギターがかなり分厚い作りになりました。シューゲイザーでありながらメタリックなディーパーズ譲りの轟音がとても気持ちよく、新鮮な魅力を放っています。「グライダー」「散リユク僕ラ」等シンプルにロックとしてカッコいい。現代に至るまでのプラらしい音像がここで完成したように思います。メロディはより親しみやすさを湛え、歌詞は以前よりも現実的な情景を描き出す。冒頭「理科室」で描かれるのは学校での一コマ。現役の学生というよりは卒業して随分経ち、夢うつつに思い出した情景とでもいうような。「理科室で外を眺めていた グラウンドは誰もいないや 僕はただ火をつける真似 灰にするそっと全部」(「理科室」より)。あのころのちょっぴり陰鬱な空気。下手したらトラウマにもなりかねない記憶を、プラは優しく溶かして料理してくれるから、私たちの心をつかんで離さない。麻酔中毒の海月たち。でもこのようにしてしか弱い弱い私たちは痛みを受け入れることが出来ない。

音楽鑑賞が性体験に重ねられることが度々あるように思いますが、私はプラの音楽でよくそんな気分になります。「なんとなく 浮かんでいるような そんな気分 まるでグライダー」(「グライダー」より)。私が現実逃避的に性や音楽に逃げるからなのでしょうか。私の中の性体験は彼らの音楽に近い、舌触り。「センチメンタル感じながら―――そっちまで行くから」(「グライダー」より)。そして、「離れていく僕の後ろには悲しみが小さくなっていく」(「プラットホーム」より)。何もかも忘れてしまえばいい―――。快楽に身を委ねる。

その世界では痛みも遠く、雨すら優しい。本作で描かれるのは幻想的ながらも現実と地続きな情景です。プラットホーム、理科室、雨の日、、。その何気ない情景に込められたちょっとした陰鬱で湿っぽい空気を少し楽しく揺らしてくれる。「絶え間なく降り注いだ 僕が雨ニ唄エバ はしゃいでいる目の前が全部ぼやけていく」(「雨ニ唄エバ」より)

 

 

トロイメライ

トロイメライ

  • アーティスト:Plastic Tree
  • 発売日: 2002/09/21
  • メディア: CD
 

 

2020 Best part2 Tokyo

東京という街。日本という国。希望はどこにある――ここにある。ということで年間ベストpart2は邦楽中心の東京を思わせるアルバムたちをセレクト。少々自分語りが過ぎますがお許しを...

 

9.The sofakingdom / PUNPEE

 

The Sofakingdom - EP

The Sofakingdom - EP

  • PUNPEE
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥1222

 

 東京のラッパーのEP。すっかりポップスターなPUNPEEは安心して聴ける高品質な品をまた出してきました。完全に私情なのですが、割とコロナ禍で参っているタイミングでこれを聴いて、実家のような安心感を感じてほろりとしてしまったんですよね。その意味でこの作品は私の今年の安定剤だった。ヒップホップが大好きな友人との共通項としてPUNPEEは機能して、PUNPEEを結節点に色んな話に花を咲かせたのもいい思い出。

 

8. ねえみんな大好きだよ / 銀杏ボーイズ

 

 

 ストレートでポップで、なんというか規格外な感じは正直薄れたように感じましたが、それを補って余るほどの純粋な曲の良さに打たれました。青春パンクに始まり、ノイジーで強烈な前作を経て、メンバーを全て失った今、銀杏は峯田のライフワークなのかと思います。ある人の人生そのものが芸術となり得る稀有なアーティストとして今自分は銀杏ボーイズ及び峯田和伸を見ています。よく言われる言説ながら、彼の人生に同時代において触れることが出来ることが嬉しい。

 

7.THE PARK / 赤い公園

 

THE PARK

THE PARK

 

 丁度新ボーカル石野が加入してすぐ、私はビバラにて彼女たちを見て、その純粋に音楽を楽しむ姿に魅了されました。本作は新メンバーでの最初のアルバム。綺麗に新生赤い公園をパッケージングした纏まった作品ながら、本作の発するポジティブなイメージは強固。円熟した変態じみた演奏に乗る初々しさ残るボーカル、それらが合わさった時に表出するみずみずしさにいたく感動しました。バンマス津野の亡き今もそのみずみずしさは本物だったと信じています。彼女たちは確かに生きたバンドだった。「yumeututu」はまだ続いている。

 

6.極彩色の祝祭 / ROTH BART BARON

 

 

 ベタでも連帯を真摯に歌う歌には、どうあがいても抗えない良さがある。勿論今年の情勢相まってのことではあるのですが、それを差し引いてもあまりに感動的な仕上がり。「あなたの声を忘れないように」。bon lverらしさを強めながらも歌物として隙のない丁寧な造りが幾たびの鑑賞にも耐え得る強さを放っているように思います。

 

5.worst / KOHH

 

Worst

Worst

  • KOHH
  • ヒップホップ
  • ¥2444

 

 去り際の美学。これまでもKOHHは自身の信条・心情を明け透けに語るスタイルで孤高の地位を気づいてきました。そのさらけ出し方はこちら側が痛さを感じてしまうほどで、その真摯な叫びは強烈だった。最終作たる本作では甘い恋愛詩や親への感謝などが語られながら、自身を嘘つきだと断罪する一面を見せるなど、より身近にKOHHを感じさせる内容。これまでのKOHH作品を聴き続けた身として、紆余曲折の末彼がたどり着いた場所がここかという感慨がある。変わらないように見えて変わっていく人生を最低だと吐き捨てながら、ごめんねありがとうと囁く。ごめんね、ありがとう。許し許され、何はともあれ生きていく。

 

4.POWER / 羊文学

 

POWERS

POWERS

  • 羊文学
  • ロック
  • ¥2139

 

 東京のロックバンドメジャーファースト。インディーズの頃の思わず冷っとするような視線の純粋な鋭さが大分薄れ、温かい表現が増えましたね。音としてはより簡素な3ピースオルタナサウンドになり、正直もっと音楽的冒険をして欲しい気持ちもあるのだが、全編聴いたら納得せざるを得ない完成度。「聴く人のお守りになってくれたら」という言葉の通り、多くの若者にとって「お守りに」なってくれそうな作品。簡素で饒舌すぎない表現が聴き手に創造の余地を与え、音楽を「聴き手のもの」にしやすくなっているような心地。これを師走に出すのだから、いやでも今年も生き延びたことに感謝せざるを得ない。

 

3.アダンの風 / 青葉市子

 

 

 童謡のよう。大人になって久しぶりに児童書を開いたり、童謡を聴いたりすると、子供の頃は何も感じなかった作り手の大人の想いやメッセージが透けて見えて、時にほっこりし、時に戦慄する。少し、怖い感じがする。この作品を聴いた時の私の気持ちもそのようなもので、こころが否応なく揺さぶられてしまった。勿論これは童謡ではないが、青葉市子の歌声は私を幼子にしてしまうように、なすすべなく私を揺さぶる。揺りかごのなか、胎内回帰の倒錯に触れた。

 

2.MISC. / DIMLIM

 

MISC.

MISC.

  • DIMLIM
  • ロック
  • ¥2444

 

 「変化を進化と呼べない愚かな者たちよ」。けんか腰だ。それでも、私たちを振り切ろうとして変化しているわけではないのでしょう。自身の為に、表現したい欲動の為に変化せざるを得ない。DIR EN GREYの憧憬からマスロックへの接近。V系×マスロックというコラボが、新たな地平を切り開いてくれました。こういう切実な変化から私は目が離せない質なのだと改めて感じました。彼らはより広い海に船出しようとしている。その先にあるのは侵略ではなく、きっと更なる自身の変化になるだろうと予感させるからこそ、彼らの変化は進化なのだ。

 

1.狂 / GEZAN

 

狂(KLUE)

狂(KLUE)

  • GEZAN
  • ワールド
  • ¥2037

 

 2020を代表する一枚。個に帰り、考えろとひたすら集団に流されることを拒否するかのような思想は過激にも映りますが、2020という時代に必要とされる真の力なのかもしれません。「幸せになる、それがレベルだよ」に行き着くまでのアルバムの流れに彼らが闘い続けてきた道程を感じ取り、思わず涙が流れてしまいます。勿論「GEZANを殺せ」の言葉通り彼らの言葉を鵜呑みにするのとも違う。私たちはGEZANと対決することになる。私の場合その対決は今日を生きる勇気になった、とだけ言っておきましょう。

2020 best part1 Darkness and ....

闇と血に塗れた胡蝶花咲き乱れし時代と2020を振り返って思うものがどれほどいるかはさておき、確かに2020年にそういう側面があったことを否定することは出来ないだろう。パンデミック、相次ぐ自死、国内外分断…。2020に限ったトピックでは決してないが、2020において認識を新たに、反省する必要があったトピックである。そんなシビアな現実の傍ら、闇と血とその先の光とを切実に響かせる音楽は相も変わらず美しく鳴り響いていた。あなたを何処までも一人にする音楽たち。その一端をここに記す。

8. 第七作品集 / downy

 

 

 メインコンポ―サーを失い、期待半分、聴くのが怖い気持ち半分で聴いてみた本作ですが、そんな心配いらずの快作。downyは変わらずdownyでした。ポストロックを基調に緻密に構築された、実験とポップネスの融合というdownyらしさを丁寧にパッケージングしつつ、衰えぬクリエイティビティに今後の作品も楽しみになるような作品です。

7.WE ARE CHAOS / マリリンマンソン

 

WE ARE CHAOS

WE ARE CHAOS

 

 聴いてまず思い浮かぶのが、古き良きグラムロック。このグラムロック感は新鮮でありながら、よくよく振り返ってみればマンソン御大の奏でて来た音やパフォーマンスはショービジネスに開かれたこてこてのロックという意味でずっとグラムロックであったと言えるように思えます。つまり今作はマンソンをマンソンたら占める矜持を煮詰めた快作だと言えるのではないでしょうか。

6.Folkesange / Myrkur

 

Folkesange

Folkesange

  • Myrkur
  • ワールド
  • ¥1528

 

 北欧ゴシックメタルの印象が強かった彼女ですが、本作ではケルトフォーク。MVを見れば分かる通りゴシックらしさはしっかり押さえつつ神聖でメロディアスな名曲の連続に慟哭を禁じ得ない。FF等のゲーム音楽やアニメーションの血が強く流れている日本人の琴線にしっかり触れてくる一枚。「リゼロ」とかで流れてそうですよね。

5.Flowers of Evil / Ulver

 

Flowers of Evil

Flowers of Evil

  • Ulver
  • ポップ
  • ¥1528

 

 こちらもドゥームなメタルを主軸とするバンドが転身して見せた一枚。哀愁の香ばしいエレポップが色んな所をそそります。セピア色の辛い思い出が一枚の写真のように思い浮かび、憎しみ哀しみ恨みでそれらを塗りつぶしていく聴き心地で聴き終わるころにはあなたもきっと惡の華

4.ABRACADABRA / BUCK-TICK

 

Abracadabra

Abracadabra

 

 群馬の大御所。膨大なディスコグラフィを持つ彼らですが、その中でも快活さに貫かれた作品。「極東より愛をこめて」の頃を思い出します。中でも先行配信された「ユリイカ」は初期のビートロック路線を彷彿とさせる。しかし、常に時代と向き合い闇を潜り抜けて来た者の歌う「LOVE&PEACE」は一味違う。憂鬱を吹き飛ばす血肉漲る一枚。

3.Miss Anthropocene / Grimes

 

Miss Anthropocene

Miss Anthropocene

  • Grimes
  • エレクトロニック
  • ¥1528
Miss Anthropocene (Deluxe Edition)

Miss Anthropocene (Deluxe Edition)

  • Grimes
  • エレクトロニック
  • ¥1528

 

 アメリカのサブカル少女ことGRIMES嬢。一時のハイプ感を終え、一層のダークネスを持って帰ってきました。チープで味のあるエレポップなのですが、ねねちゃんよろしくぬいぐるみを藁人形にするかのような怨念がましさが堪らないし、一筋「delete foever」のような曲を入れてくるあたり、オタク心理を分かっておる。今後を感じさせるとか諸々は一旦おいておいて、ありがとう、GRIMES。

2.Punisher / フィービーブリジャーズ

 

Punisher

Punisher

 

 ポップスの中に堂々とかつさりげなく入れ込まれたゴシックエッセンスは、ビリーアイリッシュを思い起こさせます。軽やかに、しっとりとした肌触りのこもった音質に牧歌的で自由なメロディが美しい。しかし彼女は「I KNOW THE END」なわけで、恐らく込めている情念は戸川純にも匹敵する重量かと。2020を語る上で外せない名盤。

1.Never Let Me Go -ep- / Ghostly kisses

 

Never Let Me Go - EP

Never Let Me Go - EP

  • Ghostly Kisses
  • ポップ
  • ¥917

 

 普段あれこれ厭らしく作品にケチをつけて分析しているけど、大好きな声に好みのメロディが乗っているだけで十分に思ってしまうことってありませんか。カナダのシンガーソングライターのEP。北国ならではの凍えるほどの寂寥感と近い冬明けを思わせる穏やかな光。最後の曲「STAY」で歌われる素朴で切実な想いに胸を打たれながら、今日も吐く息白く、家路につこう。

Merry go round/ さとうもか

 ファンタジックでかわいいネスに満ちたコーヒータイムを。「不思議の国のアリス」を胸に抱きしめた少女が、抱きしめた手はそのままに大人になった、きれいな世界だけじゃ生きれないことを知った、それでも、「かわいい」っていう小さな感情を大切に育てて来た。そして生まれたのがこの現実と地続きな不思議なファンタジックさを零れんばかりに詰め込んだ、とびっきりな「かわいい」アルバム。

 

 上の冒頭文は完全に私の妄想を文章にしたものだ。どこにも作者たる「さとうもか」によって語られた事実はない。私がこのアルバムを聴いて抱いた感想を、私の中の「さとうもか」像を思い浮かべながら、語ったものだ。それほどにイマジネイティブな可能性に満ちた「かわいい」アルバムだ。

 「不眠症の花」と名付けられたインストはその「かわいい」が表層的なものではないことを表すかのよう。すっかり忙しない日常に疲れた私たちの脳は、何かにちょっとずつ苛まれ、安らぐ睡眠すら享受できない。そこにそっと花を植え付ける女性が、ひとり。

 「雨の日のストール」はチルアウトした心地ながら、朝につき纏うあの不安を煙草の煙かのようにまとっている。作中でも不思議さとかわいさが絶妙に混ぜ合わせた白眉の一品。雨の日の特別なストールにあなたはどんな思い出を垣間見るか。

 「ばかみたい」はゆったりとポップに愛になる前の恋でしかない恋を歌う。入江陽のさとうもかへの返答もまた美しい。彼の歌で作中に含まれる切なさがより引き立つ。分かりやすい異性の提示とも言えるだろうか。恋をもっともっと近くに感じる。

 更にポップに振り切った「Loop with Tomggg」。手に取れない愛おしさが零れ落ちて、跳ねる。跳ねた先、次の曲名が「スキップ」なのが秀逸だ。

「私はあなたと友達になれて本当に良かった。」作中私の涙腺をもっとも刺激したのは「友達」。もう一生会うことはないだろう、自分と違う文化圏にいた、のに通じ合っていた、そんな友達。共通点は「生きるのと恋をするのがへたくそ」だってこと、それで十分素敵な出会いだったよ。友達になれて本当に嬉しかった。あなたは私の恋の副産物なんかじゃなくて、大切な大切な友達。

 後半「歌う女」等変わり種の曲が混じって情景はさらに深くなる。ディズニー音楽家のようなメロディーの「merry go round」も印象的。ちょっと大人になっていく。

 クロージングは跳ねるような丸みを帯びたビートに、ひと夏の恋をこれでもかってほど青く、ありのままのようでとっても美化して描く「melt summer」。美化していいじゃない、その方がかわいいし、いずれにしても、その背後の嬉しさとか悲しみだとか、ちゃんと伝わるよね。むしろ、「かわいい」フィルターを通すことによって、リアルな鋭い心の動き、伝わるんだ。

 夏に溶かした感情、ちゃんと残ってるんだよ。